お昼ならでは

sexy blonde girl

大阪のキタ、ミナミと呼ばれる繁華街は、それぞれキャバクラの店舗数がおそらく関西ではいちばん多い地域です。
夜になると、蠱惑的な輝きを放つネオンが店名を教えてくれます。右にも左にもネオンで縁取られた看板が並び、どのお店に足を向けようか、それだけで悩んでしまうほどです。
昼キャバもまた、そんな大阪の繁華街の中にあって、昼間は比較的おとなしい色を見せる繁華街に、艶やかな彩りを添えています。
「夜のお店が昼も営業する」というタイプの昼キャバがある一方、「純粋に昼だけ営業する」というタイプのお店があります。
基本的には昼キャバも、夜のキャバクラと同じで、女の子が出てきてお酒が出てきますが、女の子の顔ぶれを見ると、「お昼ならでは」であることがわかります。

大阪の昼キャバで出会える女の子は、たとえば夜のネオン街ではなかなか出会えないタイプの女の子たち。
若くて綺麗、気持ちよく酔わせてくれるという点は同じですが、いわゆる「夜の蝶」のようなゴージャスさよりも、「普通の女の子」の輝きが重視されています。
夜には働けない良家の子女風の女の子や、夜は家庭でお芋の煮ころがしでも作っていそうな良妻賢母な若妻タイプの女の子がいるのです。
実際、大阪の昼キャバには、「ふだんは大学生」とか、「ふだんは人妻」といった経歴を持つ女の子が多いのです。
普通の女の子とふたり、ソファで座ってお酒など飲み、お話などをしていると、まるでちょっとした豪華なお店でのデートでもしているかのような気分にひたれるのです。